奏神具

奏神具とは?

奏神具由来

古来アクセサリーとは、身を飾るのが目的ではなくお守りとして身につけられるものでした。それが、時代を経るにしたがい美しさを飾るためのものへと変化していきました。
奏神具とは、身につけて飾るだけの「装身具」ではなく、そのものの持つメッセージを神へと奏上することのできるアクセサリーです。
この場合の神とは、一般的に想像されるような絶対者や、神頼みのときに神社にお参りにいく存在ではありません。そういった存在すべてを包括した力を表しています。この宇宙に偏在するエネルギー、大自然のエネルギーと言い換えてもいいかもしれません。
さらには、奏神具は「奏心具」でもあります。自分の外に存在するエネルギーに働きかけるだけでなく、心の中、潜在意識、人間の内部にある神である精神にも働きかけることができるのです。
奏神具とはただのアクセサリーではありません。それは、宇宙へそして、あなたの内部の小宇宙へとメッセージを奏で、響かせる神具なのです。

奏神具 陰陽

2つのカテゴリについて

奏神具には、陰と陽の2つのカテゴリがあります。
陰は妖怪や鬼など、どちらかというと良い印象を持たれていない闇の存在をモチーフにしています。
だからといって、呪いのアイテムというわけではありません。妖怪や鬼、といった人の心の闇から生まれた存在を、プラスの方向へと向ける。そんな願いを込めて作っています。

陽は神社仏閣に関連したアイテムや、神字などをモチーフにしています。
基本的に和のモチーフをもちいて、さまざまな神秘的な力があるアクセサリーを作っています。

img_03

銀鍵(Gin-Ken) ~奏神具・陽~

12,000円~18,000円(税込)

伏見稲荷の狐が咥えている古い時代の鍵をモチーフにしたペンダント。
鍵は、閉ざされているものを開いてくれるシンボルです。神の使いである狐がもっている鍵をモチーフにしたこのペンダントは、さまざまな可能性が開くのを助けてくれるパワーがあります。
「鍵」というとてもスピリチュアルなモチーフと、パワーストーンと組み合わせることで、対応したチャクラを活性化させ、可能性を開いたり、潜在能力を開くのを助けてくれたりと、パワーストーンの種類によって、さまざまな状況に対応することができます。
希望する内容によってパワーストーンを変えることが可能です。購入をご希望の方はお問い合せ下さい。

img_04

ガシャドクロ ~奏神具・陰~

49,800円~(税込)

死者の怨念が集まって作られた巨大なドクロをモチーフにつくられたリング。
有名な妖怪なわりには、実は近年になってから創作されたといわれています。
しかし、すでに凶悪で強力なイメージがあるので、そこから逆に魔を祓うためのアイテムとして作ってみました。
西洋風のスカルリングにはない、和風のテイストを感じていただければ幸いです。
※こちらは現在注文を受け付けておりません。注文再開時にはHPにて告知いたします。

[ --- ご注文について --- ]

奏神具のラインナップは今後も増えていく予定です。
現状はオーダーメイド及びセミオーダーメイド品のみとなります。
こんな奏神具が欲しい! という希望のある方は一度ご連絡下さい
ご希望にあった奏神具を提案させていただきます。